ABOUT IFCアイエフシー・コーポレーションとは

POINT1都心分譲賃貸に
特化した管理実績

自社で管理をしている多くの物件は都心の高級賃貸を中心に預かっています。また自社で設計・建築している物件もよりハイグレードな物件で、弊社でしか紹介できない物件の取り扱いもございます。

高級物件はポータルサイトなど一般に掲載されている情報も少ないため、インターネット上での物件探しだけでは希望の物件にたどり着くことは非常に困難です。弊社のホームページでは、情報は建物情報、部屋情報に限らず可能な限り情報を収集し公開できる情報をすべて掲載することをモットーとしております。

サイトに掲載していない物件でもご案内は可能ですので、よりグレードの高いお部屋を探されている方はお問い合わせください。

POINT2紹介数を限定し
高品質なサービスを提供

弊社では高級賃貸に精通しているスタッフが多く在籍していますが、満足いくお部屋探しを体験いただくために、月間でご紹介する案内数を限定しております。

また、ご利用いただいたお客様からの紹介が多いのも満足いただいているひとつの結果です。

ご案内は事前予約をお願いしており、可能な限り準備して対応させていただきます。お問い合わせフォームより希望条件などの入力をお願いしております。

POINT3総合不動産ならではの
スピードと一貫した対応

賃貸物件のご紹介だけではなく、賃貸物件の管理、売買物件のご紹介、リノベーション、家賃保証など不動産業を総合的に幅広く対応しております。

また幅広く業務を対応することで、物件オーナー様とも強固な信頼関係を築き、空室物件のご紹介や物件の状況確認、審査など迅速に対応することが可能です。

賃貸物件の部屋を探す上でストレスとなる煩わしい確認や長い待ち時間などを弊社では軽減できるよう業務範囲を広げて対応しております。

POINT4フィデューシャリー・
デューティーの実践

スタッフとお客様との情報格差を減らし、安心したお部屋探しや、安心した新生活を送っていただくために「顧客本位の取り組み」をすすめています。

まだまだ不動産業界は「情報の非対称性」が多い業界ではありますが、信頼関係をしっかりと築くためにも透明性の高いコミュニケーションを行えるような環境を目指しております。

フィデューシャリー・デューティーとは

2014年に金融庁が「平成26事務年度金融モニタリング基本方針」の中で初めて扱われたことで話題となった言葉で、顧客本位の業務運営を指し資産を預けている顧客に対し、利益を最大限にすることを目標に利益に反する行為を行なわないように金融庁から発表された提言です。 平成29年に金融庁が発表した「顧客本位の業務運営に関する原則」の中でも扱われ注目を浴びています。